iPhoneXのスペックについて

###Site Name###

iPhoneXのスペックについてはまだ詳細な情報の発表はありません。

一般的には2017年の9月に発売され、新型のOLEDディスプレイが採用されると予想されています。

従来のモデルでは1年ごとに上位機種が発売されるのが通常でした。



また新型モデルの発売日も9月になることが多かったことから、iPhoneXも2017年の9月に発売されると予想されます。


2017年はシリーズが発売されるようになってから10年目となる記念の年なので、何らかの発表が行われることについては確実視されています。

OLEDディスプレイは従来のモデル採用されていた液晶ディスプレイとは大きく異なる特徴を有します。


液晶ディスプレイでは発光するための装置としてバックライトと液晶が必要です。

OLEDディスプレイではOLED自体が発光体なので、バックライトと液晶が不要になります。



iPhoneXではアルミケースかガラスケースが採用されると考えられていますが、本来OLEDディスプレイは薄く曲げることもできます。


新型ディスプレイを採用することでiPhoneXは薄型化と軽量化が可能になります。
さらにOLEDディスプレイは液晶ディスプレイよりも電力消費量が小さいため、バッテリーの寿命を長くすることができます。

一般的には2017年の9月にiPhoneXが発売されると予想されますが、新型ディスプレイの開発と生産体制の状況によっては液晶ディスプレイが採用される可能性もあります。

iPhoneXが9月の中頃から末に発売されると噂されています。スマートフォン自体の弱点である、衝撃に弱い、バッテリーの持ちが短いなどを克服したものになると予想されます。新機能や外観から見ても期待を裏切らない製品であることには間違いはないと言えます。

まず衝撃については硬質ガラス仕様になるのではと予想されています。


誤って落下させた時でも耐久性の高いディスプレイとなり、傷にも強く汚れが付きにくいものになります。



またディスプレイの精度も向上します。

有機ELディスプレイと言われるもので、、ディスプレイそのものが発光するため、いままでよりさらに画質が向上します。背面ライトの必要がなくなるためバッテリーの持ちも長くなり、さらに薄く軽量化が進みます。


iPhoneXはバッテリーの充電についてはワイヤレス充電が新機能として加わります。これはコネクターをつなぐことなく、専用のパッドの上に置くだけで充電ができるもので、仕事中や授業中などに机の上に置いておくだけで充電ができます。

手軽に充電ができるので、バッテリーの残量を気にすることがなくなります。

硬質ガラスでできていて見た目もおしゃれになります。ディスプレイも大きくなり枠いっぱいに広くなります。そのためホームボタンがディスプレイの中の機能として入ることになりそうです。
指紋認証などの機能を行う部分は背面に移動すそうです。
外観もとても洗練された姿になると予想されています。

カラーもiPhoneXに新色が登場が予想され、魅力的な製品であることが予想されます。