iPhoneXがiphone7と異なる点

###Site Name###

iPhoneXは基本的な機能はiphone7と同じですが、ワイヤレス充電機能と高精細ディスプレイが搭載されているのが大きな違いです。

高精細ディスプレイの採用によりこれまで以上に動画が鮮明に再生されるようになるほか、アプリやゲームなどの動きがより鮮明になり、非常に臨場感があふれる状態で楽しめるものとなります。またワイヤレス充電機能は充電台に載せるだけで充電ができると言う非常に便利なものであるため、これまでのようにコネクタを接続して充電するという手間がなくなるほか、コネクタ部分の摩耗防ぐことができます。

iphoneの中で最も壊れやすいのはコネクタ部分であるとも言われているため、この部分が摩耗しなくなると言うことで非常にその耐久性が高くなるということが予想されます。

iPhoneXは基本的な機能はiphone7と全く同じであるため、iphone7を使用している人が乗り換えるには全く違和感がなく使用できるものです。


さらに現在iphone7で搭載されているApplePayなども可能の継承されるため、その使い勝手全く同じものと考えて良いものです。
iPhoneXにおいてはVR機能が搭載される朝予想されていますが、その真偽は定かではありません。



VR機能は今などの用途が明確にされていないため、今後の展開は光です。


ただし使い勝手を重視したiphone7の機能をそのまま引き継ぐ事は確実で、非常に使い勝手の良いものとなることが予想されます。
今年の9月の末頃にappleよりiPhoneXの発売が予想されています。
どんなフォルムでどんな新機能が搭載されているか、各メディアが予想を立てています。

あくまでもうわさの段階で、情報を真意には自己分析が必要ですが、昨年のiphone7が高性能だっただけにすごく期待が膨らむ内容です。まず大きさがどうなるか、予想ではiphone7と変わらないのではと噂されています。
しかし画面は大きくなりそうです。


これは有機ELを搭載したディスプレになると予想されているからです。

これは視野が広く、高輝度、高解像度な画面を構成するものです。画面を大きくして、枠いっぱいに広げて、されにきれいな画面に進化します。



この他にiPhoneXの新機能にはワイヤレスチャージの搭載が予想されています。

これは本体を端子で接続しなくても、専用のパッドの上に置くだけで充電ができる機能です。

電車や車での移動中、授業中、業務の間などに机の上に置いておくだけで充電が可能です。

見た目のデザイン性も向上し耐久性、衝撃のも強い仕様になると噂されています。


いままでのような画面がガラスで横面、裏がアルミではなく外観をすべて強化ガラス製にすると予想されています。



傷がつきにくく、汚れにも強いガラスで、見た目、手触りも向上しそうです衝撃時にも、落下を自動で認識し破損を防止するバンパーが出てくるシステムになるのではとも言われています。

多機能で魅力的なiPhoneXの登場が待ち焦がれます。